ページの先頭です

バイオ情報工学専攻の教育目標・方針

バイオ情報工学専攻の教育目標・方針

バイオ情報工学専攻 教育目標

人工物、生物に限らずあらゆるシステムが内部での情報処理と外部との入出力を繰り返すことで大きなネットワークのダイナミックスを創り出しています。生物の行っている柔軟でロバストな情報処理を、ネットワークを構成するシステムの挙動として理解することで、耐故障性や拡張性に優れた情報システムを設計・構築する新たな情報科学技術の創出が期待できます。情報科学と生命科学の相補的循環、つまり、情報科学の立場からの生命システムの理解、および、生命システムに基づいた新しい情報科学技術の創出によって、さまざまな分野への産業応用と人材育成が求められています。バイオ情報工学専攻では、この目的を達成するために、生物を対象としたアナリシス(解析)とシンセシス(設計)を両輪とする新しい情報科学・工学の学術領域を開拓する技術者、研究者、および、教育者等の輩出を目指しています。

博士前期課程では、当該分野の基礎となる知識を幅広く修得し、生物の機能およびネットワークの理解から応用までの技術力を身につけるとともに、国際的な視野を持って研究開発を行うためのデザイン力、コミュニケーション力、マネジメント力の養成を図っています。

博士後期課程では、これらに加えて、当該分野において自ら設定した課題を探求できる研究能力、世界的な視野で技術者・研究者を先導するリーダーシップ力を駆使し、高い倫理観をもって活躍できる人材の育成を目標とします。

バイオ情報工学専攻 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

バイオ情報工学専攻博士前期課程では、生物の機能およびネットワークの理解から応用までの基礎的素養を涵養できる体系的なコースワークにより所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえで修士学位論文を作成・提出します。これらにより、当該分野に関する十分な学識と研究能力を有し、当該分野の発展に貢献する研究内容を含んでいると判断できる場合に学位を授与します。

博士後期課程では、当該分野における高度な専門的知識を最先端の学識へと深化させる体系的なコースワークにより所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえで博士学位論文作成・提出します。提出された博士学位論文が、当該分野に関する全般的知識をもとにした新しい理論とその応用に関する十分な学術的価値を有するとともに、独立した研究者として研究を遂行できる学力を有し、当該論文の学術内容の社会に対する貢献が認められると判断できる場合に学位を授与します。

バイオ情報工学専攻 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

バイオ情報工学専攻の博士前期課程では、ミクロからマクロまでの多様な生物の機能およびネットワークの理解から応用までの基礎科目のほかに、選択科目として周辺の重要分野を網羅した境界横断的な科目を配置しています。また、分野横断型融合科目や、産業界などの外部から講師を招いて最新の技術動向をカバーする特別講義科目、国内外の企業や研究機関へのインターンシップ科目、プロジェクト型演習科目など実践力を育てる科目を配置することによって、高度技術者・研究者としての素養を身に付けるとともに、社会の多様な要請に対応した幅広い知識を修得できるようにしています。このような教養・デザイン力・国際性を涵養する情報科学技術に係わる高度な授業を開講するとともに優れた研究指導を行います。

博士後期課程では、当該分野における最先端の科学・技術を修得できる専門科目に加え、国内外の企業や研究機関等へのインターンシップ科目などを配置し、新しい学術的価値を生み出す能力を養い、また、それを活用して新しい社会的価値を創出できる人材の育成を行っています。このような教養・デザイン力・国際性を涵養する情報科学技術に係わる高度な授業を開講するとともに優れた研究指導を行います。

バイオ情報工学専攻 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

バイオ情報工学専攻の博士前期課程では、国内外を問わず、生物の機能およびネットワークの理解から応用により創出される新たな情報科学・工学の学術領域を開拓するための技術の確立と深化を担う意欲を持った学生を受け入れます。このため、理工系の学部で情報科学または生物学を学んできた人、情報科学技術の生物学や医学などへの応用や展開に興味を持つ人を受け入れます。さらに幅広く人材を求めるために、情報科学や生物学以外の分野を学んできた人も受け入れます。国内に限定することなく、海外からも秀でた学生を積極的に受け入れます。これらのために、多様な選抜試験を実施しています。

博士後期課程では、国内外を問わず、当該学術領域にイノベーションを創起する意欲を持った学生を受け入れます。このため、理工系などの研究科(博士前期課程・修士課程)で情報科学または生物学を学んできた人、情報科学技術の生物学や医学などへの応用や展開に興味を持つ人、既にこれらの研究科を修了し、社会のさまざまな分野で活躍しながら、専攻の目指す学術領域への貢献を強く願っている人を受け入れます。さらに幅広く人材を求めるために、情報科学以外の研究科等に在籍する人や、社会人で情報科学や生物学に関して勉学や研究に取り組む意欲がある人も受け入れます。国内に限定することなく、海外からも秀でた学生を積極的に受け入れます。これらのために、多様な選抜試験を実施しています。