ページの先頭です

情報数理学専攻の教育目標・方針

情報数理学専攻の教育目標・方針

情報数理学専攻 教育目標

情報科学の新たな展開のためには、情報とその解析に関する数理科学的な基礎理論の上に、自然科学や社会科学に啓発された発想を融合させた学問分野の開拓が必要である。情報数理学専攻では、この理念のもとで、システムのモデリング、解析、制御、最適化や意思決定などの数理科学、光情報処理やナノ情報技術などの応用物理学、および学習や認識などの知能科学に関する深い素養を身につけた人材の育成を目指しています。

博士前期課程では、複雑な自然現象や社会現象に対して、そのメカニズムや原理の解明と最適化のための基盤技術となる数理科学、応用物理学、知能科学に関わる広範な教養と高度な専門知識ならびに技能を修得させ、情報科学研究科の教育目標に掲げるデザイン力、コミュニケーション力、マネジメント力の養成を図っています。

博士後期課程では、これらに加えて、自ら課題を設定し、探求できる研究遂行能力や世界的な視野で技術者・研究者を先導するリーダーシップ力を駆使し、高い倫理観をもって活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

情報数理学専攻 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

情報数理学専攻博士前期課程では、数理科学、応用物理学、知能科学の各分野における基礎的素養を涵養できる体系的なコースワークにより所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえで修士学位論文を作成・提出します。これらにより、数理科学、応用物理学、知能科学に関連した情報科学技術分野における研究能力を有し、専攻分野の発展に貢献する研究内容を含んでいると判断できる場合に学位を授与します。

博士後期課程では、数理科学、応用物理学、知能科学の各分野における基礎的素養に加え、そのいずれかの分野の高度な専門的知識を修得するコースワークにより所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえで博士学論文を作成・提出します。提出された博士学位論文が、数理科学、応用物理学、知能科学に関連した情報科学技術分野における十分な学術的価値を有するとともに、独立した研究者として研究を遂行できる学力を有し、当該論文の学術内容の社会に対する貢献が認められると判断できる場合に学位を授与します。

情報数理学専攻 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

情報数理学専攻では、数理科学的な基礎理論の上に自然科学と社会科学に啓発された発想を融合させた情報科学分野の開拓を目指し、システムのモデリング、解析、制御、最適化や意思決定などの数理科学、光情報処理やナノ情報技術などの応用物理学、および学習や認識などの知能科学に関する教育と研究を行います。

博士前期課程では、数理科学、応用物理学、知能科学に関する基礎を体系的に獲得するための基礎科目とともに、周辺分野に関する境界横断的な科目を配置しています。さらに、特別講義科目、インターンシップ科目、演習科目などを配置し、社会の多様な要請に対応した幅広い知識を習得できるようにするとともに、きめ細かい研究指導を行います。

博士後期課程では、数理科学、応用物理学、知能科学に関する最先端の研究能力や開発能力を修得できる専門科目に加え、分野横断的な科目、インターンシップ科目などを配置し、自主性を重んじた研究指導とあわせて、新しい学術的価値や社会的価値を創出できる人材の育成を行います。

情報数理学専攻 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

情報数理学専攻の博士前期課程では、高度な情報社会の実現に向けて情報数理学からの貢献が期待される課題や社会的な問題について広く関心のある学生を受け入れます。常に応用を意識してさらなる基礎理論の探究を目指す人、あるいは既存の基礎理論を踏まえてその実践的な活用や応用に興味をもっている人を求めます。このために、研究遂行に必要な語学力を有したうえで、理工系学部で数理科学、応用物理学、知能科学に関する基礎を学んだ人、人文・社会学系の学識をもとに情報数理学の勉学や研究に新たに取組んでみたいという意志をもった人を歓迎します。また、海外からの優秀な学生も受け入れます。

博士後期課程では、より高度な情報社会の実現に向けて情報数理学の分野において目指している研究課題が明確であり、それに向けた一連の研究計画を立てている人を受け入れます。このために、理工系の研究科で情報数理学に関わる専門分野を学んできた人、既に社会で活躍しながらも直面する課題の解決に臨んで情報数理学を活かしたいと考えている人を歓迎します。また、海外からも優秀な学生も積極的に受け入れます。