ページの先頭です

ニュース&トピックス

情報ネットワーク学専攻 平成21年度 大阪大学「情報ネットワーク学講座」開講のお知らせ

大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻では、平成17~20年度に引き続き、ネットワーク技術者・研究者を対象とした情報ネットワーク学講座を下記の通り開講いたします。是非多くの皆様のご参加をいただけますようお待ちしております。


こちらより受講手続きをお願いいたします。下記要領をご精読の上、以下のページより受講手続きをお願いいたします。

受講手続きページ


開講期間

平成21年10月9日(金)~平成22年1月29日(金) 毎週金曜日計14回開講
(祝祭日を除く)



講座内容

  • 情報ネットワーク学基礎論 18:00~19:30
  • 情報ネットワーク学演習  14:40~17:50

博士前期課程(修士課程)の学生を対象とした講義・演習を学生と一緒に受講していただきます。講義・演習の詳細については下記をご参照ください。

受講対象者

ネットワーク技術に対して幅広い興味をもち、知識を深めて今後の方向性を見定めたいと希望される方。また、本講座は社会人技術者・研究者の再教育を目指したものですので、企業の教育カリキュラムの一環としてご利用ください。

講師

情報科学研究科情報ネットワーク学専攻各教員および企業実務専門家

開講場所

吹田キャンパスでの講義を中之島センター、キャンパス・イノベーションセンターにインターネットで配信いたします。ご都合の良い場所で受講していただけます。また、講義を欠席された場合、VODシステムによる自習も可能です。

定員

10名程度
本研究科情報ネットワーク学専攻博士前期課程学生約20名が同時受講します。

受講料

大阪大学大学院情報科学研究科科目等履修生制度を利用していただきます。そのため、本講座へのお申し込みとは別に、科目等履修生制度へのお申し込みをお願いいたします。
願書受理期間は平成21年8月24日(月)~9月4日(金)です (一部の方は7月31日(金)までに別途書類提出が必要となります)。検定料、入学金、授業料を含めて 95,600円(予定額)が必要になります。 科目等履修生制度に関する詳細(出願要項)は、以下の募集要項のページをごらんください。

2009年度学生募集要項のページ(科目等履修生)
※科目等履修生制度 (2学期) の募集要項は 6 月頃に掲載の予定です。


受講手続き

以下のページより受講手続きをお願いいたします。

受講手続きページ
※出願資格によっては、平成21年7月31日 (金) までに書類を郵送して頂く必要がございます。
また、いずれの出願資格の方も、捺印のために願書を事前に郵送して頂く必要もございます。余裕を持ってお申し込み頂けますようお願い申し上げます。

お問合せ先

大崎 博之
大阪大学 大学院情報科学研究科
〒565-0871 吹田市山田丘1-5
Tel: (06)6879-4551、Fax: (06)6879-4554
E-mail: oosaki@ist.
(osaka-u.ac.jpを付けてください)


講座内容

我が国のブロードバンドネットワークは世界で最も低廉かつ高速な世界最高水準のものになりつつあります。また、携帯電話や携帯インターネット利用者も爆発 的な増加を示しており、モバイルネットワーク環境もますます充実しつつあります。これらの発展によって、情報を自在に扱うことのできるユビキタス情報社会 が目前に迫りつつあります。実際、企業においても、ネットワークの高速化、高度化、高機能化に関する研究開発が行なわれ、また情報家電や電子タグ、セン サーネットワーク等の新しい情報技術の実用化に対する取組も始められています。
しかし、これまでネットワーキング技術は、アイデアだけで終わったもの、研究開発段階で終わったもの、果ては実用化まで至ったにも関わらず普及しなかった ものなども混在しています。ユビキタス情報社会を迎えるに当たって真に有用な技術は何でしょうか? それを知るためには、今一度改めて情報ネットワークの 基本原理に立ち戻ってみる必要があります。本講座では、最新の技術動向を踏まえつつネットワーク基盤技術を俯瞰した講義と、実践能力を身に付けるための演 習を組み合わせることによって、単なる知識獲得や技術習得に終わらない、今後のIT社会を生き残るための「教養」を身に付けていただきたいと考えていま す。

講義「情報ネットワーク学基礎論」

  • 講義目的
    ネットワークにおける基本技術や最新の技術事例を横糸に、理論的解析やシミュレーション技法によるシステム性能評価を縦糸に、講義を通して、情報ネットワーク学の基礎を習得することを目的とします。
  • 単位数
    2
  • 開講時期
    2学期金曜日6時限 (18:00~19:30)
  • 講義内容 (カッコ内は担当教員)と講義日 (予定)
    • (0) はじめに(東野輝夫): 10/9 (金)
    • (1) インターネット概説:パケット交換の本質は何か?:4コマ
      •  (ア) ネットワークアルゴリズム(今瀬真): 10/9(金)
      •  (イ) VPN、Gridなどのオーバーレイネットワーク技術(大崎博之): 10/16(金)
      •  (ウ) OSPF, OSPF-TE, MPLSなどの経路制御技術(木下和彦): 10/23(金)
      •  (エ) ネットワーク性能評価手法の実際(大崎博之): 10/30(金)
    • (2) ネットワークのQoS:インターネットでどこまで保証できるか?:3コマ  (ア) ネットワークの高速化とマルチメディアQoS技術(若宮直紀): 11/6(金)
      •  (イ) TCPによるネットワークの高速化技術(長谷川剛): 11/13(金)
      •  (ウ) オーバーレイによるマルチメディア制御技術(山口弘純): 11/20(金)
    • (3) モバイルネットワーク:モビリティ制御の本質とは?:4コマ
      •  (ア) モバイルネットワーク制御技術(東野輝夫): 11/27(金)
      •  (イ) ユビキタスネットワーク概説(中野博隆): 12/4(金)
      •  (ウ) モバイルマルチメディア技術(木下和彦): 12/11(金)
      •  (エ) センサーネットワーク技術(若宮直紀): 12/18(金)
    • (4) ネットワーク管理とオペレーションの実際:3コマ
      •  (ア) NGN (Next Generation Network)の目的と今後(村上孝三): 1/8(金)
      •  (イ) 実務家によるVoIPなどを例としたオペレーション技術の事例研究
           (信田祥司(NTT西日本)): 1/22 (金)
      •  (ウ) 実務家によるホームネットワークに関するオペレーション技術の事例紹介
           (田中貴秋(NTT西日本)): 1/29 (金)
  • 教科書
    講義資料をWebページに掲載いたします。
  • 参考書
    共立出版 村田 正幸 著「マルチメディア情報ネットワーク -コンピュータネットワークの構成学-」
    その他の参考図書は講義中に紹介いたします。
  • 成績評価
    出席50%、レポート50% (テーマ(1)~(4)についてそれぞれレポート課題を課す)
  • 受講要件
    情報ネットワークの基礎知識を有すること(プロトコルの階層化の概念など)。

演習「情報ネットワーク学演習II」

  • 講義目的
    調査・演習を通じて、ネットワークセキュリティやネットワーク分析手法に関する知識やスキルを修得する。
  • 単位数
    2
  • 開講時期
    2学期金曜日4, 5時限 (14:40~17:50)
  • 演習内容
    演習にはノートパソコンを使用しますので、ご準備をお願いいたします。
    演習では仮想ソフトウェア VMware Player を利用します。要求スペックなどの詳細情報は http://www.vmware.com/jp/products/player/ を参照してください。
    • ネットワークセキュリティに関する調査
      過去 5 年程度の CERT Advisory、Internet Security Systems Advisory などをもとに、セキュリティホールに関するサーベイを行い、また、なぜこのようなセキュリティホールが存在するのかをグループで議論することにより、ネッ トワークセキュリティホール全体への理解を深める。
    • ネットワーク分析演習

      課題例
      • tcpdump や ethereal など、フリーのネットワークアナライザに習熟する。
        普段利用しているネットワークのパケットを収集することにより、どの程度の情報が漏れているかを知り、どのような対策が必要かを考える。
      • ネットワークアナライザを自作する。また、bpf や pcap ライブラリを用いたバージョンを作成し、SMTP や POP のセッションを解読するプログラムを作成する。
      • ネットワークのトラヒック量やパケット到着間隔を測定し、それをグラフ化するプログラムを作成する。DoS アタック検出プログラム、IDS (Intrusion Detection System) を作成する。
  • 教科書
    講義資料をWebページに掲載いたします。
  • 参考書
    別途指示します。
  • 成績評価
    出席30%、レポート40%、プレゼンテーション30%



開講お知らせのPDF版はこちら


主催:大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻
共催:産学連携フォーラムOACIS