ページの先頭です

研究活動

講座一覧

情報基礎数学専攻には以下のような講座があります。 それぞれの講座は研究室として閉じた形態をとらず、専攻全体がゆるやかに連携した一つの大講座として教育にあたります。


組合せ数学講座



計算可換代数、特に、トーリックイデアルとグレブナー基底の理論を武器に、可換代数の統計数学への応用を展開する。加えて、凸多面体の数え上げ組合せ論の飛躍的な進化を目指す。

担当教員
教授:日比 孝之
准教授:村井 聡
特任助教:渋川 元樹
特任助教:松田 一徳
特任助教:Raimundas Vidunas




離散幾何学講座



幾何的対象の離散的側面、代数的側面、解析的側面を中心に研究している。また、幾何学の様々な概念をコンピュータを用いて可視化することや、そうして得られたアルゴリズムの情報科学分野への応用も行っている。

担当教員
教授:和田 昌昭
准教授:安井 弘一




離散構造学講座



代数学に基づいた種々の表現論の教育研究を行う中で、数学・情報科学に現れる離散構造の解析への応用を目指す。

担当教員
教授:有木 進
准教授:大島 芳樹




大規模数理学講座



複素解析的微分方程式論、位相幾何学、代数幾何学、表現論などの数学のみならず、統計力学や場の量子論に端を発する数理物理学における応用的な大規模数理に関する分野の教育・研究を推進する。

担当教員
教授:三町 勝久
准教授:永友 清和




応用解析学講座



数理物理学や情報科学に現れる様々な非線形現象を、力学系として微分方程式や差分方程式などでモデル化し、その解析のために新たな解析的手法や数値実験的手法を開発・応用し、現象に潜む原理を解明すると共に、解析学自体へのフィードバックも目指す。

担当教員
教授:中西 賢次
准教授:茶碗谷 毅




【協力講座】コンピュータ実験数学講座(サイバーメディアセンター)



コンピュータ実験による科学問題設定・解決の過程を通じて、数理モデリング・計算モデル(コンピュータモデル)の構成に関する教育研究を進めている。また、問題設定・解決の過程を通じて、あらたな計算数学理論の構築を目指す。

担当教員
准教授:降籏 大介