ページの先頭です

入試情報

学生生活・奨学金制度

学生生活

大阪大学の公式ページをご覧ください。:

https://www.osaka-u.ac.jp/ja/campus/tuition/scholar

奨学金制度

分野横断イノベーションを創造する情報人材育成フェローシップ

本フェローシップは、情報、認知、生命の分野の融合研究を推進する将来のリーダー人材の育成を目標としています。優秀な学生が学業と研究に専念できるように研究専念支援金を支給し、融合研究や演習などを通じて実問題解決能力の涵養を図ります。研究専念支援金年額200万円と研究費年額50万円を支給します。

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム

https://www.humanware.osaka-u.ac.jp/

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム(HWIP)は、大阪大学のリーディング大学院博士課程プログラム(5年一貫)の一つです。本学位プログラムの履修を完了し修了審査に合格すると「ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム」を修了した旨が学位記に付記されます。典型的な学生は博士前期課程において月額4万円、博士後期課程において月額7万円が支給されます。博士後期課程の学生は授業料が免除されます。

学際融合を推進し社会実装を担う次世代挑戦的研究者育成プロジェクト

https://itgp.osaka-u.ac.jp/jisedai/

本プロジェクトでは、「自分の研究を深化させる力」を滋養し、「未来を創造する力」を養い、「社会における即戦力」となる次世代研究者を育成することを目的としています。本プロジェクトに採用された方には、キャリア開発・育成プログラムに参加頂きます。詳しくはプロジェクトのページ(和文)を参照ください。研究奨励費(生活費相当)月額15万円と研究費年額60万円 が支給されます。

博士後期課学生支援

博士後期課程学生に研究活動に必要な支援業務に従事してもらい、研究活動の効果的推進及び人材育成を図るとともに、これに対する経済的支援を行うことにより、学生生活の充実化を目的としています。年間266,000円を支給します。

ティーチング・アシスタント

大学院生が補助的な教育支援活動に参画することを通じて、教育指導能力のトレーニングを行い、学部教育や大学院博士前期課程教育を充実させるとともに、修学のための経済的支援を行うことを目的としています。

チューター

留学生の専門分野に関連する専攻の大学院生がチューターとして、教育・研究について個別の課外指導、日本語指導等、また日常生活アドバイスを行います。対象期間は、原則として渡日後最初の1年間です。

⽇本学術振興会特別研究員

https://www.jsps.go.jp/j-pd/

「特別研究員」制度は優れた若手研究者に、その研究生活の初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることにより、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者の養成・確保に資することを目的として、大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する制度です。