ページの先頭です

教育の国際化

教育の国際化

大阪大学大学院情報科学研究科では、教育・研究の国際化と高度化を目的として、平成17年度から文部科学省による大学教育の国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)の支援により、「融合科学を国際的視野で先導する人材の育成」(通称:PRIUS)という取り組みを実施してきました。
この取り組みでは、環太平洋諸国の研究機関や大学と連携し、さまざまな科学と情報科学の融合科学分野を国際的視野で先導できる優秀な人材を育成すべく国際的な人材育成ネットワーク(PRIUS: Pacific Rim International UniverSity)を構築しました。このネットワークのもと、毎年4~7名の学生を海外インターンシップに派遣しました。
この取り組みは、多くの成果をあげ平成20年度末で終了しましたが、その成果を生かして、日本学生支援機構(JASSO)留学生交流支援制度(短期派遣)〈プログラム枠〉に「最先端情報科学を担う国際的人材の育成」と題するプログラムを提案し採択されました。平成21年度からは、この制度も利用して海外インターンシップを実施してきました。
平成25年度からは、研究科の費用補助、およびヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの海外インターンシップ(試行)という形で実施します。



学術交流協定

国名

相手先

締結日

有効期限

学生交流の覚書

備考

中華人民
共和国
北京大学情報科学技術学院 2006年
5月30日

大学間協定の有効期間中有効

アメリカ カリフォルニア大学
サンティエゴ校
2007年
8月22日
2017年
8月21日
   
アメリカ ウースター・ポリテクニック
・インスティテュート・コンピュータ科学科
および学際的国際研究部
2010年
3月8日
2020年
3月7日
   
フランス ボルドー工科大学 2014年
12月10日
2019年
12月9日
 
オーストラリア マッコーリー大学理工学部 2015年
9月11日
2020年
9月10日