ページの先頭です

情報基礎数学専攻の教育目標・方針

情報基礎数学専攻の教育目標・方針

情報基礎数学専攻 教育目標

 大阪大学および情報科学研究科の教育目標のもと、情報基礎数学専攻では、主として、「離散」と「アルゴリズム」をキーワードとする純粋数学、および、応用数学の探究を礎とし、きわめて高度に抽象化されたレベルにおける情報科学と数学のインターフェースの創成を指向し、理学部数学科、理学研究科数学専攻との密接な連携を保ちながら、研究と教育を遂行します。


博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 「離散」と「アルゴリズム」に関連する数学の諸分野における最先端の話題を熟知するための専門知識を修得し、更に、その専門知識を十分に活用できるような能力を習得するようにします。

○高度な教養

 純粋数学(代数学、幾何学、解析学)、応用数学、統計数学、計算数学、離散数学など、数学のあらゆる分野についての基礎理論に習熟するようにします。

○高度な国際性

 情報基礎数学専攻を訪問する欧米諸国の研究者と交流することなどの機会を積極的に設けることから、国際的な視野を磨くことができるような教育環境を整えます。

○高度なデザイン力

 自らデザインする能力、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を養成し、教育界、金融界、産業界、IT界など、多様な分野で活躍できるような人材を育成し、社会に輩出します。

○独自の教育目標

 数学の社会貢献に尽力することができるような人材を輩出します。


博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 「離散」と「アルゴリズム」に関連する数学の諸分野における最先端の話題を熟知するための極めて高度な専門知識を修得し、更に、その専門知識を縦横無尽に活用し、自らが独創的な研究を遂行できるような能力を習得するようにします。

○高度な教養

 純粋数学(代数学、幾何学、解析学)、応用数学、統計数学、計算数学、離散数学など、数学のあらゆる分野について、現在の潮流に沿う話題を巡る洗練された講義を聴講し、独創的な研究に不可欠な数学全般の基礎理論に習熟するようにします。

○高度な国際性

 情報基礎数学専攻の教員が主催する国際会議に出席すること、更に、情報基礎数学専攻を訪問する欧米諸国の研究者と交流することなどの機会を積極的に設けることから、国際的な視野を磨くことができるような教育環境を整えます。

○高度なデザイン力

 自らデザインする能力、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を養成し、教育界、金融界、産業界、IT界など数学の思考力を不可欠とする多種多様な分野で活躍することができるような有能な人材を育成し、社会に輩出します。

○独自の教育目標

 太古から踏襲される数学の発展に大きく貢献し、国際舞台の最前線で活躍し、当該分野を牽引することができるような人材を育むとともに、数学の社会貢献に尽力することができるような人材を輩出します。

 数学の潮流は、1970年代から徐々に、抽象から具象へと移行し、離散数学と呼ばれる分野が台頭し、その後、計算機の発展も追い風となり、「離散」と「アルゴリズム」は、現代数学のキーワードとしての市民権を獲得しました。情報基礎数学専攻の教育目標は、そのような数学の潮流を背景とし、熟慮されたものであります。

情報基礎数学専攻 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および情報科学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、博士前期課程では、所定の期間在学し、専攻が定める専門基礎知識に関する所定の単位を修得した上で、修士論文を提出し、その審査、および、最終試験に合格した学生に修士(情報科学、理学、工学)を授与します。博士後期課程では、所定の期間在学し、専攻が定める専門知識に関する所定の単位を修得した上で、博士論文を提出し、その審査、および、最終試験に合格した学生に博士(情報科学、理学、工学)を授与します。


博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 数学の技術と応用力を習得している。

○高度な教養

 幅広い数学の基礎知識を習得している。

○高度な国際性

 英語による数学テキストを読破し、更に、自分の数学的アイデアを表現する力を身につけている。

○高度なデザイン力

 斬新な数学的概念、および、証明法などを生み出す独創力の礎を身につけている。

○独自の学習目標

 修士論文は、論文著者の独創性が認められるものに限ります。原則として、論文著者によるオリジナルな定理を含むものが望まれます。しかしながら、数学的に意義のある計算結果(計算機実験等)、既知の定理の別証などを含むもの、あるいは、既存の理論の再構築なども、論文著者の貢献が顕著ならば、可とします。


博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 高度な数学の技術と卓越した応用力を習得している。

○高度な教養

 幅広く高度な数学の知識に習熟している。

○高度な国際性

 英語による数学論文を読破し、更に、自分の数学的アイデアを英語で表現する力を身につけている。

○高度なデザイン力

 きわめて斬新な数学的概念、および、証明法などを生み出す盤石な独創力を身につけている。

○独自の教育目標

 博士論文は、その内容の一部に、国際的に認められている、査読付き雑誌に掲載、あるいは、掲載予定の論文を含むことを必須とします。なお、その論文は、原則として、単著論文であることとします。

 数学の共著論文には筆頭著者の概念はありません。従って、共著論文では、個々の著者の貢献がどのくらいであるかを客観的に判断することはできません。そのような数学論文の背景を考慮し、情報基礎数学専攻では、博士号を取得する条件として、国際的に認められている、査読付き雑誌に掲載、あるいは、掲載予定の単著論文を執筆していることを原則とします。

情報基礎数学専攻 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学のおよび情報科学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、博士前期課程では、理学研究科数学専攻との連携のもと、代数学、幾何学、解析学、応用数学、統計数学、計算数学、離散数学などの高度な専門科目を配置し、学生は、自分の専門とする分野とともに、その周辺領域の最先端の話題に触れることができます。博士後期課程では、独創的な数学の研究を自ら遂行する能力の育成を目指すとともに、国内外の研究集会、および、国際会議などでの研究発表を通し、プレゼンテーション能力を磨くとともに、他の数学者と議論しながら、自らの研究を進展させる土壌を育みます。


博士前期課程

<教育課程編成の考え方>

 博士前期課程のカリキュラムの核心となる科目は、情報基礎数学研究です。情報基礎数学研究では、自らデザインする能力、コミュニケーション能力、および、プレゼンテーション能力の向上を目指すとともに、欧文のテキスト、および、欧文の研究論文を読む英語力を強化し、修士論文を執筆する準備となる、数学的な基礎学力を育成します。

<学修内容及び学修方法>

 博士前期課程では、自分の専門とする分野に限らず、数学全般の潮流を把握することを目指し、離散数学、代数学、幾何学、解析学などの諸分野の最先端の話題を、主として、講義の形式で習得します。その他、基礎科目、境界横断的科目、分野横断的科目などの講義科目も履修し、基礎学力を補強します。情報基礎数学研究では、自分の専門とする分野の欧文のテキスト、あるいは、欧文の研究論文をゼミ形式で読み、発表、討論などをし、修士論文の執筆の準備をします。

<学修成果の評価方法>

 学修の成果は、博士前期課程の講義は、レポート、および、口頭試問などで評価します。特に、レポートは、独創性の有無を詳細に評価します。情報基礎数学研究は、ゼミにおける発表から、学生のデザイン能力、コミュニケーション能力、および、プレゼンテーション能力を評価します。特に、プレゼンテーション能力は、ゼミの準備状況などを含め、詳細に評価します。


博士後期課程

<教育課程編成の考え方>

 博士後期課程の究極的な到達目標は、権威ある国際雑誌に受理される論文を執筆し、優れた博士論文を執筆することです。なお、その論文は、原則として、単著論文であることとします。

<学修内容及び学修方法>

 博士後期課程では、自分の専門とする分野の最先端の研究論文を独力で読み、その論文の内容に関連する自らの問題を生み出す独創的な能力を向上させ、更に、その自らの問題を解決し、研究論文にまとめる作業をします。研究論文の内容、自らが創った問題、その問題を解決する方針などは、主として、ゼミ形式で遂行します。なお、専門科目は、主として、セミナー形式で実施します。

<学修成果の評価方法>

 博士後期課程は、自らが執筆する研究論文により評価します。博士論文の礎となる論文は、原則として、単著論文であることが必要ですが、単著論文を執筆する準備段階として、指導教員、あるいは、当該分野の研究者との共著論文を執筆することが一般的ですから、評価する研究論文は、単著論文のみならず、共著論文も含めます。なお、共著論文を評価するときは、自らの貢献度がどのくらいであるかを詳細に評価します。

 多角的な視点から、デザイン能力、コミュニケーション能力、および、プレゼンテーション能力を評価します。

情報基礎数学専攻 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

情報基礎数学専攻の博士前期課程では、国内外を問わず、理工系の学部で純粋数学、応用数学、数理科学などを学び、数学の純粋理論の探究、数学の情報理論への応用などに意欲を持った学生を歓迎しています。そのため、選抜試験の筆記試験では、理工系の学部で学ぶ数学の基礎に習熟し、英語の数学書を読むための基礎的な英語力を持つことが試されます。さらに、口頭試問では、コミュニケーション能力の有無も問われます。

博士後期課程では、数学の基礎と応用の発展に貢献できると期待される人材を受け入れます。情報基礎数学専攻の博士前期課程に在籍する学生に限らず、他大学の大学院(博士前期課程・修士課程)からの学生、あるいは、一般企業、教育界からの社会人に加え、海外からの優秀な学生も積極的に受け入れます。選抜試験として、修士論文の発表と口頭試問を実施し、独創力、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力の達成度を審査します。