ページの先頭です

研究科紹介

准教授 Norio Nawata

縄田 紀夫 なわた のりお

  • 情報基礎数学専攻
  • 大規模数理学講座

研究テーマ・概要

作用素環論

作用素環とは、Hilbert空間上の有界線形作用素全体のなす環の部分環 で随伴作用素をとる演算と適切な位相で閉じたものです。

作用素論、表現論、量子力学の数学的定式化、抽象代数学への応用等を念頭に生まれた 数学的対象ですが、現在では様々な数学の分野や物理学と関連して研究されています。 作用素環は閉じた位相の違いによって、von Neumann環とC*-環に大別されますが、私は主に C*-環について研究しています。

特に、単純 stably projectionless C*-環の性質や対称性を解明することを 近年は課題にして研究しています。

略歴

  • 2011年 九州大学 博士(数理学)
  • 2011年 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 GCOE海外派遣研究員
  • 2012年 千葉大学 日本学術振興会特別研究員 (PD)
  • 2014年 大阪教育大学 教育学部 講師
  • 2020年 大阪大学大学院 情報科学研究科 准教授

連絡先

4桁の番号は同キャンパス内からの内線番号です。外線からは、吹: 06-6879-xxxx、吹*: 06-6105-xxxx、豊: 06-6850-xxxx、吹()、豊(): 06-6879-5111(交換台経由)となります。
メールアドレスは、末尾の “osaka-u.ac.jp” が省略されていますので、送信前に“osaka-u.ac.jp”を付加してください。