ページの先頭です

ニュース&トピックス

コンピュータサイエンス専攻 平成30年度電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞を受賞

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会において、本研究科の博士前期課程2年の松本淳之介君、肥後芳樹准教授、楠本真二教授が平成30年度の研究奨励賞を受賞しました。受賞対象となった発表は、2019年3月研究会における「行単位の差分情報を考慮した抽象構文木のノード単位の差分出力」です。

研究会における発表に関しては楠本研のページを、受賞に関してはソフトウェアサイエンス研究会のページをご覧ください。