専攻紹介

情報数理学専攻

数理科学と応用物理学に基づいたアプローチにより、自然現象や社会現象を解明する情報処理技術や、自然科学と社会科学の融合を通して新産業の創出基盤となる基礎的理論の研究と教育を行います。

研究者紹介

講座リスト

計画数理学講座

[藤崎研究室]

計画数理学講座では意思決定と制御の理論およびその応用について研究しています。ロバスト最適化や分散制御などを工学や社会科学に有益な方法論として確立することを目指しています。

非線形数理講座

[鈴木研究室]

様々な実現象の数理モデルを対象として、実現象の背後にある非線形数理を理解すること、非線形数理モデルを解析するための方法を開発すること、さらには非線形数理を工学・情報システムに応用することを目指して研究を進めています。

情報フォトニクス講座

[旧谷田研究室]

光を利用した情報技術「情報フォトニクス」をもとに、現実世界における多様な問題を解決する方法論を研究しています。「光」をツールとして使いこなすことで情報科学、画像工学、分子生物学、数理工学など、基礎から応用にわたる新技術や実証システムの開発に取り組んでいます。

システム数理学講座

[森田研究室]

現実の様々な状況を、数理最適化問題や微分方程式などを用いて数理的にモデル化し、抽象化された世界で解析や計算実験をすることで、現実世界での意思決定や分析に繋げる研究を行っています。

協力講座

知能アーキテクチャ講座

[旧沼尾研究室]

[産業科学研究所第1研究部門 (情報・量子科学系)]

複雑な実世界の現象を対象にしたデータ解析方法論の研究開発を行っています。特に時空間データからの知識発見と予測に関する研究、また睡眠領域や気象領域を始めとする実データを対象とした実問題に即した研究を進めています。人工知能、機械学習技術に基づくデータサイエンスのさらなる進展を目指します。