専攻紹介

マルチメディア工学専攻

多様なマルチメディアデータを管理活用する技術領域(データ工学、セキュリティ、ビッグデータ、コンピュータビジョン、脳科学、計算社会科学・ハイパフォーマンスコンピューティング、アバター・ロボット情報流通基盤)において、理論の追求と社会価値創造を目指します。

研究者紹介

講座リスト

マルチメディアデータ工学講座

[原研究室]

本講座では、情報技術(IT)の核であるデータベース技術に、マルチメディア情報処理技術、コンピュータネットワーク技術、センシング技術、人工知能技術などのさまざまな要素技術を融合することによって、高度なマルチメディア情報システムを構築することを主要なテーマとした研究を行っている。本講座の多くのテーマは、様々な企業等との共同プロジェクトとして進めており、研究成果を国内外の学会で発表する機会を積極的に作っている。

セキュリティ工学講座

[旧藤原研究室]

当研究室では、将来の安全・安心な情報化社会を見据え、AI・ブロックチェーンなどの最新技術の脅威分析を含む情報セキュリティの先進的な研究に取り組んでいます。

ビッグデータ工学講座

[鬼塚研究室]

多様なビッグデータを活用する技術領域(クラウドデータベース、グラフ深層学習、大規模言語モデル、コンピュータシミュレーション)において、コア技術の研究と社会価値創造を目指します。

コンピュータビジョン講座

[松下研究室]

本講座では、コンピュータが視覚的に世界を理解するための「眼」を作るコンピュータビジョンの研究を行っており、その基盤となる機械学習や最適化などに関する研究をはじめ、ヒューマンコンピュータインタラクションや産業への応用に関する研究にも取り組んでいます。

脳情報インタラクション講座

[中野研究室]

本講座では、脳科学、生体情報解析、及び行動実験を駆使して、人間の心の状態の推定や認知機能の神経機構の解明を探求します。特に、社会性や自己意識といった人間の高次な認知機能に焦点を当てて深掘りします。

協力講座

応用メディア工学講座

[村田忠彦研究室]

[サイバーメディアセンター]

本講座では、人間要素を含む仮想的な実社会をシミュレートするリアルスケール社会シミュレーション(RSSS: Real-Scale Social Simulation)の技術開発を行っています。RSSSにより、サイバー空間に構築された実社会のデジタルツインで、個々人の移動、購買行動などの意思決定プロセスのシミュレーションを行います。

協力講座

先進高性能計算基盤システム講座

[伊達研究室]

[サイバーメディアセンター]

本協力講座は、サイバーメディアセンターのスーパーコンピューティングシステム、データ基盤の構築・運用を活かしながら、次世代スーパーコンピューティングシステム、スーパーコンピューティングを中核とした先進高性能計算基盤システム、および、その応用アプリケーションに関する研究開発を行っています。

連携講座

マルチメディアエージェント講座

[株式会社国際電気通信基礎技術研究所]